サドベリーの学びに優劣はない

  • 2019.07.23 Tuesday

  •  西宮サドベリーでは毎日、子どもたちの数だけ多種多様な学びが行われています。

     その中には、狭い目線で見ると「勉強」に見えるものも、「遊び」に見えるものも、存在しています。

     

     けれども、サドベリーの学びには、優劣はないのです。

     大事なのは、「子ども本人がサドベリーでの自分の学びに満足しているか」なのです。大人から見た「学びの綺麗、汚い」ではありません。

     

     また、多種多様な学びには、自分の夢に向かって「一つのことをどんどん追求している」子も、ふらふらと「ちょっとやってはすぐに違うことに手を出す」子もいます。

     これまた大人達は、「一つのことをどんどん追求している」のを良く思ったりしてしまいますが、サドベリーでは「その子自身がどう学んでいきたいのか」が全てなのです。

     

     子ども達は、大人を喜ばせるために学んでいる訳ではありません。

     自分のやりたい事をやるために、自分に必要なものを身につけるために、「自分のために」学んでいるのです。

     

     

     西宮サドベリーの特徴の一つに「プロジェクト」があります。子ども達が追求したい学びを、スクールの学び予算を使って、専門知識やスキルを持った方に教わったりすることができます。

     

     そうなると、サドベリーの保護者の方でさえも、ついつい「せっかくサドベリーに入学したんだから、プロジェクトをしなきゃ」と子どもに提案する人がいてたりします。

     けれども、サドベリーの学びには優劣はないのです。子ども本人が今の自分の学び方に満足していて、プロジェクトが必要ないのならば、それで良いのです。

     

     

     また、スクール広報のジレンマとして、一般の人向けに広くサドベリーの魅力を伝えていこうとすると、どうしても多くの人が共感できる「綺麗な学び」が表面的に出ることになってしまいます。

     たまにスタッフとしても反省することもありますが、サドベリーとしてそれを良しとしている訳ではなくて、「その子自身がサドベリーの中でやりたい事をやれているか」が本質なのです。

     生徒の子達には、そのメッセージを繰り返し伝えていきたいと思っています。

     

     

     狭い目線での「勉強、遊び」ではなく、「学びの綺麗、汚い」「大人ウケが良い悪い」でもなく、本当なところで「子ども本人がやりたい事をやる」。

     

     サドベリーの学び環境が最高なのは、こういう事だと思っています。

     

     

     

    — 西宮サドベリースクール —
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    スポンサーサイト

  • 2019.07.30 Tuesday


  • コメント
    コメントする











    西宮サドベリースクール

    西宮サドべリースクールは、
    4〜19歳の子ども達を対象とした
    テストなし、時間割なし、
    子どもたちによる学校運営の
    21世紀スタイルの民間の学校です。
    西宮サドベリースクール

    『最近の投稿』

    『カテゴリ』





    リンク 西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook
    search this site.

    others

    PR