そもそも、「サドベリー」って?

  • 2019.05.13 Monday

  •  今回は、西宮サドベリースクールの「サドベリー」の部分の説明を書いてみたいと思います。

     

     「サドベリー」スクールは、50年前にアメリカ・ボストンのサドベリーバレースクール(Sudbury Valley School)が創立されたのが始まりで、そこと同じ理念で運営されている学校のことを指します。海外ではサドベリーモデルの学校とも表現されています。

     サドベリースクールの理念は、それぞれの学校でいろいろな表現が使われていますが、いちばんベースのところまで掘り下げていくと、「子どもを100%信頼する」ということに集約されると思います。それが西宮サドベリーでも理念として使われています。

     「サドベリー」という言葉は地名なので、アメリカでも日本でも商標登録などもされていません。また、ボストンが本校だったり免許制だったりすることもなく、それぞれの学校が独立した学校で、同じ理念で繋がっている、という形です。

     学校のカテゴリー、という表現がいちばん近いでしょうか?

     

     何気なく見ている「サドベリースクール」には、そんな理由があるのです。

     

     また、日本においては、サドベリースクール = デモクラテッィクスクールとなっています。西宮サドベリーのように「〇〇サドベリースクール」という学校と「デモクラティックスクール〇〇」という学校は、全く同じカテゴリーです。

     これはサドベリースクールが民主的に運営されている学校だから、ということからくるのですが、海外ではパブリックスクール(公立校)よりも民主的な学校であれば、「デモクラティックスクール」と呼ぶことがあるので、海外ではサドベリースクールよりももう少し広いカテゴリー、というイメージでしょうか?

     

     

     新しい学校のカテゴリーとして、サドベリースクール以外にも、シュタイナースクール、モンテッソーリ教育、フレネ教育、サマーヒルスクール、イエナプラン、北欧スタイルなどなど、いろいろなスタイルが存在しています。

     日本でも上記の学校は、新しい学校として、日本各地で運営されています。

     

     このような新しい教育理論とサドベリーの大きな違いとして、シュタイナーやモンテッソーリなどは教員免許があり、それぞれの理論に従って、子どもの学び環境や成長段階を見ていくのですが、対するサドベリースクール は理念だけが中心にあって、それぞれの学校で小さなシステムや文化は全く違っていたりします。

     サドベリーでは同じ問題に対しても、そのスクールの生徒・スタッフがミーティングで話し合って対応を決めていくので、それぞれの学校によって色が違うのです。

     

     サトドベリースクールのスタッフをやっている側からすれば、それぞれの時代、国・地域、来ている子達によって、一つの正解はなくて、それぞれのベストな答えをミーティングで探っていけるのは、大きな魅力であり、時代や文化さにも対応できる大きな強みであると考えているのですが、一方では正解の教科書がないので、ずっとずっと哲学のように、生徒の子達・スタッフのミーティングでサドベリーを掘り下げていく作業が必要になっていくのです。

     

     ちょっと俯瞰的に見てみた「サドベリースクール」。

     サドベリースクールへの理解が、いつもより広まっていただいたではないかと思います。

     

     

     

    — 西宮サドベリースクール —
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/


    スポンサーサイト

  • 2019.05.20 Monday


  • コメント
    コメントする











    西宮サドベリースクール

    西宮サドべリースクールは、
    4〜19歳の子ども達を対象とした
    テストなし、時間割なし、
    子どもたちによる学校運営の
    21世紀スタイルの民間の学校です。
    西宮サドベリースクール

    『最近の投稿』

    『カテゴリ』





    『リンク集』
    《スタッフブログ》
    スクールブログ
    ぐらブログ
    うみブログ
    のぶブログ
    かずまブログ
    よねすけブログ
    《ホームページ、SNS》
    西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook
    search this site.

    others

    PR