本来の入学のあり方

  • 2019.04.22 Monday

  •  最近も引き続き、たくさんの方に見学、体験、入学をいただいています。

     本当にありがとうございます。

     

     

     サドベリースクールは、「当たり前のところ」「本来のところ」に立ち戻った学校です。

     なので、「入学」に関しても、本来の形がそこにあります。

     

     本来に立ち戻って考えてみると、学校は「子ども達が学ぶための場所」です。大人のための場所ではありません。

     

     なので、入学前の見学・体験に関しても、保護者・大人に向けての説明ではなく、まずは子ども本人に向けて、きちんとサドベリースクールの考え方やシステムを説明する時間が先に取られています。子ども達は、スクール内を案内されながら、気になったところは質問をして、しっかりとサドベリーを理解していく時間を持ちます。

     またサドベリーらしいのは、この見学に来た子ども達に、生徒の子達が加わって説明してくれる機会もあるということ。子ども達には、同じ子ども目線で説明された方が分かりやすいし、聞きやすいからです。

     

     保護者の方には、子ども説明の後で、ゆっくりと説明・質問の時間を取らせていただいています。

     こちらもご心配なく。

     

     

     

     見学で気に入ってもらえたなら、その後に10回までの体験参加をすることができます。

     体験中は、生徒の子達と全く同じ環境でサドベリーを体験できるので、子ども達はそれを経て、自分がサドベリースクールへの入学をするかどうか、決めることができます。

     

     子ども本人がサドベリースクールで学んでいきたい、と決心をできたら、いよいよ入学の手続きとなります。

     

     入学の手続きも、保護者が書類を提出して学費を払うでも、スタッフが子どもを面接するでもなく、本来に立ち戻っています。

     入学を決めた子ども本人が、生徒の子達のミーティングで、「自分がサドベリースクールに入学したい」ということをきっちり表明すること。これが承認されれば、その時点でその子の入学は正式決定されるのです。

     

     学校は子どもが学ぶ「子ども達が学ぶための場所」。

     サドベリーのこの入学の流れば、とても本来に立ち戻った、サドベリーらしいものだと感じます。

     

     

     保護者の方は、その後に2週間のうちにスクールに来ていただいて、入学書類を作成したり、学費の説明を聞いたり、スクールへの質問などをしていただいたり。

     学びの主体は「子ども」。保護者の方は入学を決めた子どもの「保護者」として手続きをしていただく感じです。

     

     

     サドベリースクールは、入学だけではなく、全てのものに対して「当たり前のところ」「本来のところ」に立ち戻った学校です。

     もし、そんなサドベリーに興味を持った子がいたら、ぜひ見学に来てください。

     そして、しっかりした見学と体験を経てから、自分の中で本当にいいと思ったら、入学してくれると、嬉しいです。

     

     

    →西宮サドベリーへの見学・入学はこちら

     

     

     

    — 西宮サドベリースクール —
    Facebook:https://www.facebook.com/nishinomiya.sud
    Twitter:https://twitter.com/nishinomiya_sud
    HP:http://www.nishinomiya-sud.com/ 


    スポンサーサイト

  • 2019.09.17 Tuesday


  • コメント
    コメントする











    西宮サドベリースクール

    西宮サドべリースクールは、
    4〜19歳の子ども達を対象とした
    テストなし、時間割なし、
    子どもたちによる学校運営の
    21世紀スタイルの民間の学校です。
    西宮サドベリースクール

    『最近の投稿』

    『カテゴリ』





    リンク 西宮サドベリースクールHP
    西宮サドベリーTwitter
    西宮サドベリーfacebook
    search this site.

    others

    PR